副業の平均収入はどれくらいか?

副業の平均収入はどれくらいか?

今や副業を経験したことのある社会人は半数にまで上ったようです。

数年前までは副業や掛け持ちは金銭的に余裕のない人間がするものというイメージがありました。

けれど最近では、副業は珍しいものではなくなりました。

日本が副業時代に入ったのをきっかけに副業を解禁した会社が増えたのがまず一つ。

そして最も大きな理由としては、コロナが原因でしょう。

会社として今までの給与を渡すことができない。

その補助として副業を認める企業が一気に増えました。

このことをきっかけに副業を始めた人が大勢いますが、その平均収入って気になりませんか?

実は副業の平均収入はこれくらいのようです。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!

副業での収入の理想と現実

副業解禁となって、収入の減少から副業を始めた人が増えました。

実際に始めたその理想と現実はどうなのか?

その結果はこちらです。

副業で得たい収入の平均金額は?

本業での収入減少から、金銭的不安を解消するために副業を始めた人たちにアンケートを取った結果がありました。

副業経験者に『副業でどれくらいの収入を得たいか?』という質問に対して、その平均は13万2000円という結果が出ました。

「~5万円」を希望する人の割合は約3割。

「~10万円」を希望する人の割合は約4割

「~15万円」を希望する人の割合は約3割となっています。

収入が減少した分を補助する目的の人は「~5万円」で気軽にできる副業を希望しているようです。

5万円以上を希望する人たちは、収入の補助プラス貯金であったり、自分のお小遣いであったりと、さまざまな理由があるようです。

どうせ副業をするのであれば、ただの補助だけでなく、これから先のための貯金であったり、自分に使えるお小遣いが欲しいなど、それぞれの家庭によって理由は違っています。

どちらが正解なんてことはありません。

収入が減った分を補えるだけでいいという人も、どうせなら多く稼ぎたいという人も、どちらの考えも理解できます。

けれど思っていたよりも、平均金額は高いように感じます。

これはきっと副業に対して意欲的に考えている証拠ではないかと思います。

今まで副業を許されていなかった分、せっかく解禁になったのだから、稼げるだけ稼ぎたいという気持ちはとてもよく理解できます。

特に今の時代、本業だって頼りになるわけではありません。

これから先、もっと収入が減ってしまうかもしれません。

もしかしたら本業自体を失ってしまう可能性も0ではありません。

今の会社が1年後、3年後、5年後、会社を維持できているなんて断言できる会社は数%程度でしょう。

そんな不安定な日本経済で、貯金がないのは不安ですからね。

万が一、急に本業を失うこととなってしまっても、副業があれば収入が0になることはありません。

副業の存在は思っているよりも安心できるものになっていることでしょう。

実際に得ている副業での平均収入は?

では実際に副業でどれくらいの収入を得られているのかという話をしましょうか。

副業経験者にアンケートを取ったところ、その平均金額は6万弱という結果になっています。

この結果は実に希望の平均収入額の半分にも満たないことが明らかになりました。

実際にどれくらい稼いでいるのかというと、「3万円以下」という答えが5割弱という結果が出ました。

そして「~5万円」という答えが2割

この時点で5万円以下の副収入を得ている人たちが7割近くにまで及んでいます。

実際に副業で得られる金額を考えれば、かなりシビアな結果と言わざるを得ません。

副業の満足度は?

実際の副収入はシビアなものになっていますが、それでも副業に対して満足している人たちは全体の7割近くにまで及んでいます。

逆に副業に対して不満に感じている人たちは、なんと6%程度しかいないのです。

何故それでも副業に対して満足しているのかを調べたところ、「視野が広がった」「人脈が広がった」「やりがいを感じた」との答えが多く目につきました。

一方満足していない人たちの理由としては、「時間のやりくりが難しかった」「体力的にきつかった」との理由が多かったように感じます。

きっと副業をするということは、慣れないと時間のやりくりが難しいと思いますし、体力的にきついと感じるのも当たり前のことだと思います。

けれどそれを超えるやりがいやメリットがあるからこそ、副業に対しての満足度が高いのでしょう。

これから先、多くの人が副業に前向きになっていく未来がここからも感じ取ることができます。

これと比較してプロカメラマンは?

この結果だけ見てしまうと、副業で稼ぐのは大変だろうと思ってしまうことでしょう。

けれどプロカメラマンとして働いている人間は、この結果には当てはまりません。

プロカメラマンの業界は、場合によっては1時間で3万円を稼ぐことができます。

つまり時給3万円

月での平均副収入が3万円以下と答えた人が5割弱いる中で、それが1時間で稼ぐことも夢ではない業界です。

カメラマンとして稼げるテクニックを身につけてしまえば、このアンケートの少数の稼いでる組に入ることができます。

副業でありながら本業を超える金額をも稼ぐことが可能な業界。

カメラマンとしてのテクニックを身につけておけば、万が一があっても何の恐怖も感じません。

安心感を手に入れるためにも、カメラマンとしての技術を身につけられるプロカメラマン養成講座は強い味方になるはずです。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!
TOPページを見る