稼げない時に、意識してほしいこと

稼げない時に、意識してほしいこと

僕の友人には、元プロカメラマンで活動されていた方がいます。

過去形での紹介になるのは、今は転職して、カメラマンを辞めてしまっているからです。

最近会った時、ちょっと興味深い話を聞けたので、本節では、その友人とのやり取りについて紹介したいと思います。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!

カメラマンの収入について

その友人曰く「カメラマンは副業でやって成功するほど甘い世界ではないよ」とのこと。

プロに弟子入りしたり、専門学校に通うった末にようやくデビューして、それでも稼げなくて、辞めてしまう人がほとんどだと聞きました。

また、現場を飛び交う体力仕事であること、今後は機械に参入されて厳しくなるなど、様々なネガティヴ面を考慮して、カメラマン引退に踏み切ったようです。

確かにこれは一理あるのだと思います、何しろ現場を経験してきた人の言葉ですからね。

どんな仕事にも、辛いことや面倒なことがあって、だからこそお金を稼げるのかもしれません。

ただ、僕が考えているカメラマン像と、この友人が指すカメラマンは、ややイメージに乖離があるとも思えました。

プロの形も様々

カメラマンの形態は様々あると思います。

友人のように、現場で撮影をして、たんたんと業務をこなすサラリーマンのカメラマンもいれば、主婦で副業として、またフリーランスで自由に活動する人もいるでしょう。

僕は、カメラマンは自由であるからこそ、楽しく取り組めて、好きでいられるのだと思います。

好きなものを撮って楽しい、好きな時間に活動できて楽しい、このように自由を追求しているので、何一つストレスを抱えることはありません。

もちろん、最初のうちは収入が安定しなくて、僕の写真に価値がないのかなと、不安に思う日もありました。

しかし、継続するば、いつかは結果が出てくるもの。

フォロワー数を伸ばしたり、ストックフォトに写真を投稿したり、ポートフォリオを充実させたり、できることは全てやって、ガンガン営業をかけていきました。

幸い現代では、やる気のある人にとって、とても仕事が取りやすい環境が揃っています。

好きなことを好きなだけやるために、自分が辛くないスタイルを確立すれば、カメラマンの仕事も長期的に続けられるはず…そう信じて邁進する毎日です!

皆さんも、稼げなくて不安に感じたり、挫折しそうになる日が訪れるかもしれません。

そんな日は、写真を撮りたい!写真が楽しい!そう思いながら撮った写真を見つめて、初心を思い出してみてはいかがでしょうか。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!
TOPページを見る