自分で自分を評価するとやる気が湧いて来る

自分で自分を評価するとやる気が湧いて来る

僕はこれまで様々な副業に挑戦してきましたが、それらの多くで結果を出すことなく、途中断念することになりました。

ただどれだけ結果が出なくても、挑戦する意欲までも失われることはありません。

本節では、辛くて折れそうになった時、対処法や立ち直り方について紹介したいと思います。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!

評価するのは相手次第

頑張っても頑張っても、会社はちっとも評価してくれない

このような不安を持っている方は、少なくないと思います。

昇給や昇格があれば嬉しいですが、そういった時まず欲しいのは「よくやった」という言葉ですよね。

しかし残念ながら、自分が頑張ったのかどうか、それについて評価するのは相手です。

自分は限界を超えてまで頑張っているのに、相手は「やって当然」というスタンスでいることも普通にあります。

ですので僕のおすすめの対処法としては、最初から相手も評価も気にしない、ということです。

どれだけ気にしようが、僕の思惑で相手を動かすことはできないので、考えるだけ無駄だと思って諦めましょう。

自分だけが評価すれば良い

もう一つの方法としては、自分が自分を評価するというやり方です。

相手が評価してくれないのであれば、自分が評価してあげるしかありません。

一見馬鹿な考えだと思われるかもしれませんが、やってみると非常に効果があって、モチベーションも大きくと高まります。

試しに心の中で、自分の今日の頑張りを振り返って、何か労いの言葉をかけてあげてください。

小さなノルマをクリアするたびに、「よくやった」とガッツポーズする、これだけで報われた気がして、また明日も頑張ろうという気分になれるのです。

褒められるほど伸びる、期待されるほどパフォーマンスが高まることを心理学では「ピグマリオン効果」といい、これは自分自身に対しても有効なのだということを覚えておきましょう。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!
TOPページを見る