稼げる写真ってどんなもの?

稼げる写真ってどんなもの?

フリーランスのカメラマンの間では、「個性的で魅力的な写真ほど、使用する場所が限られる」なんて話を聞くことがあります。

個性的で魅力的な写真なら、雑誌や広告など様々な場所で使われるのではないの?

そのように思われるかもしれませんが、そういった写真では稼ぐことができないのです。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!

ストックフォトで稼ぐ

皆さんは「ストックフォト」という存在をご存知でしょうか。

写真家から作品の権利を預かり、代理で雑誌や広告に売り込んだり、写真を提供する業務を行っている会社です。

そうですね、「いらすとや」の写真バージョンと考えてもいいかもしれません。

写真が使わるほど、自分に利益をもたらす写真ということになるわけですが、興味深いのは、売れ筋となる写真の共通点です。

ストックフォトにおいて、一番よく使われる写真とは「すぐに忘れられる写真」だということです。

これがどういうことか、お分かりでしょうか?

誤解を恐れずに説明すると、個性が強い写真よりも、普遍的でどこにでもあるような写真の方が、様々なところで使われる機会が多いということです。

一度見たら忘れられない写真は、その印象が強すぎるため多くの人々の記憶に残ってしまう、それが逆効果になって逆に売れなくなるようです。

稼げる写真は、誰でも撮れる

試しに「ストックフォト」をのぞいて、どういった写真が掲載されているのかチェックしてみてください。

本当に、どこにでもありそうな写真で、これなら自分でも撮れそうだと感じるはずです。

その誰もが出来ることで、一般サラリーマン以上の月収以上の金額を、たった数日で稼ぐようなママさんカメラマンも数多く存在します。

これは、出来るできない、といった能力差の問題ではなく、知っているかそうでないかの違い。

どこでも自由に稼げるチャンスというのは、皆さんの目の前のスマホの中にあるといってもいいでしょう。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!
TOPページを見る