価値を創造する力をつける

価値を創造する力をつける

売れっ子のカメラマンに転身して、お金を稼ぐためには、まず価値を創造するセンスを磨きましょう。

難しく聞こえるかもしれませんが、本節で紹介する内容を踏まえていただけますと、誰にでも可能性のある話だと思います。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!

価値について考えてみよう!

皆さんは、価値について真剣に考えた経験があるでしょうか。

例えばランチでお店に入るときも、このパスタには本当に1000円の価値があるのかな?と、脳内で問いかけてみるのです。

逆に「このランチはお得♪」そう考えたのであれば、なぜそう感じるのかさらに考察を深めていきましょう。

材料費はいくらで人件費はいくらで…、お店の家賃はどれくらいなのか。

あらゆる要点を絞り出して、商品の金額を再度チェックしてみるのです。

また人は、基本的に受け取ったサービスより、支払ったお金の方が多いと感じた時、満足感を得ることはありません。

反対に、支払ったお金よりも割安に感じるサービスであれば、自ずと人気が集まってくるのです。

要するに、値段以上の価値を創造することが、ビジネスの原点ということになりますね。

人を感動させるのがプロ

一生懸命頑張って、カメラの技術を磨いたとしましょう。

そしてようやくフリーランスになった自分、仕事に対してどのような姿勢で取り組むでしょうか。

例えば、絶景写真1枚につき1万円という発注依頼があったとして、かけだしのカメラマンは、次のように考えると思います。

(1万円もお金を頂くのだから、それ相応の写真を撮らなくちゃ!)

(でも、それにふさわしい価値って、僕の写真にあるのかな…?)

僕がカメラを習い始めた時から、写真を撮る技術そのものに価値が宿ると思っていましたが、最近になって、あることに気が付いたのです。

それは、カメラマンの仕事は、ただ写真をとるということだけではなく、写真を通して人を感動させるということ。

どれだけ良い写真が撮れたとしても、センスや技術が凝縮されていたとしても、見る人が感動しなければ意味がありません。

そして、感動=何よりの価値、と意識するようになってたいのです。

ここで紹介したカメラマンの仕事に限らず、全ての仕事は価値を提供すること、そのため自分なりにでも価値の定義を持っていないと、絶対に成功することはできません。

価値を理解できる、価値を創造できる人こそが、大きな結果を手にすることができるでしょう。

プロカメラマン養成講座公式HPで
お得な無料講座を!
TOPページを見る